理由あって大学にはいけなかったけど、自力で大学数学を頑張ってみるブログ。 最終目標:モンスター
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/29(金)23:02
勉強開始412~433日目

いくつかのパターンを見てみる。

■ 1変数 → 2変数 → 1変数

合成関数の微分1

とすると、t が dt 変化したときの x,y の微分は

合成関数の微分2

次に、x が dx、y が dy 変化したときの z の全微分は

合成関数の微分3

ここに、dx と dy を代入すると

合成関数の微分4

となるけど、これが dz = H'(t)dt になるはずなので

合成関数の微分5


■ 2変数 → 2変数 → 1変数

合成関数の微分6

とすると、s が ds、t が dt 変化したときの x,y の微分は

合成関数の微分7


次に、x が dx、y が dy 変化したときの z の全微分は

合成関数の微分3


ここに、dx と dy を代入すると

合成関数の微分8

これが、dz = (∂z/∂s)ds + (∂z/∂t)dt になるはずなので

合成関数の微分9


具体的な関数で練習もいろいろやったのでOK


使ってる教科書は↓
[多変数関数の合成関数の導関数(210/278頁)]の続きを読む
スポンサーサイト
プロフィール

もんすたあ

Author:もんすたあ
こんな感じで数学始めました。

家族構成:
自分、嫁、息子、娘の4人家族

夢:
子供が大学に行って、
DQNスパイラルから抜けること

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
 | 高卒で大学数学TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。