理由あって大学にはいけなかったけど、自力で大学数学を頑張ってみるブログ。 最終目標:モンスター
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/06(火)02:15
勉強開始579~590日目

■8.8 自然界に見られる微分方程式

 雨粒の落下速度とニュートンの冷却の法則が例に挙がってた。
 2つとも微分方程式の式変形は理解できたけど、文字の意味が解らない。

■8.9 経済学に見られる微分方程式

 人口の変化を表わす微分方程式が例に挙がってた。
 こっちは初めて少し意味が解った。
 最も簡単な微分方程式は、人口の変化は今現在の人口に比例するという下の式。

  人口の変化1

 人口 N の時間変化が dN/dt になるので、右辺は人口 N に比例定数 a をかけてある。
 これの改良版が次の式。

  人口の変化2

 頭打ちの効果が入ってて、最初の式よりも現実にあってるらしい。
 何で頭打ちが N の2乗に比例するのかわからないけど、
 微分方程式を解く過程は追えたので良しとする。


使ってる教科書は↓
[微分積分8章終了(248/278頁)]の続きを読む
プロフィール

もんすたあ

Author:もんすたあ
こんな感じで数学始めました。

家族構成:
自分、嫁、息子、娘の4人家族

夢:
子供が大学に行って、
DQNスパイラルから抜けること

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Before  | 高卒で大学数学TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。