理由あって大学にはいけなかったけど、自力で大学数学を頑張ってみるブログ。 最終目標:モンスター
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/12(水)23:02
勉強開始760~781日目

今回はベクトルを図に描くときの描きかた。

数直線を
数直線
こんな風に描くのと同じ感覚で

ベクトル図1

このように描く。これはベクトル(4,3)。

注意!

どこから始まるかは関係ないので下の絵のベクトルは全部同じベクトル。

同じベクトル

言われてみると、(3,1)って数字の組にどこから始まってるかの情報がないから、
それもそうかなぁという感じ。


■ベクトルの足し算。
ベクトルの式で成分を計算したものと図形の対応は理解できた。
ベクトルの和1 ベクトルの和2


■たくさんのベクトルの和で元に戻ってくるとき。

ベクトルの和、ねこ

これを式で見ると

たくさんのベクトルの和

う~ん。ちゃんとどっちの成分もゼロになってる。

■ベクトルの差
下の絵は ベクトルの差 の図。
どっちからどっちに矢印を書くかが少し慣れない。
移行して和にして考えることにしようかな。

ベクトルの差


■ベクトルの定数倍
これも見た目どおり。
マイナス倍のときは逆向きになる。

ベクトルの定数倍



線型代数学は絵を描くのが大変だな。
使ってる教科書は↓
[ベクトルの矢線表示(26/231頁)]の続きを読む
プロフィール

もんすたあ

Author:もんすたあ
こんな感じで数学始めました。

家族構成:
自分、嫁、息子、娘の4人家族

夢:
子供が大学に行って、
DQNスパイラルから抜けること

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Before  | 高卒で大学数学TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。