理由あって大学にはいけなかったけど、自力で大学数学を頑張ってみるブログ。 最終目標:モンスター
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/20(金)22:54
勉強開始881~909日目

今回から3章の「ベクトルと図形」に入る。
まずは、内分と外分。

線分ABを t:(1-t) に内分した点をPとすると

ベクトルの内分

となることがわかりにくかったので、具体的なベクトルで考える。

内分1内分の式1
内分2内分の式2
内分3内分の式3
内分4内分の式4


絵を描くのがめんどくさかったけど、
とりあえずは図でどうなっているのかは理解できた。

あとは別の書き方で、 m:n に内分する点というときは

t

として

m:n

となる。

結果を見ると、m と n が反対になってるのが変な気がするけど、
計算上はそうなるからなぁ。


内分が出来れば外分は簡単(でもなかったけど…)。
上の式で t が負とか1より大きくすれば、それが外分点に相当する。
m, n の表示の場合も m とか n が負の場合が外分点になる。


使ってる教科書は↓
[ベクトルの内分・外分(46/231頁)]の続きを読む
スポンサーサイト
プロフィール

もんすたあ

Author:もんすたあ
こんな感じで数学始めました。

家族構成:
自分、嫁、息子、娘の4人家族

夢:
子供が大学に行って、
DQNスパイラルから抜けること

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
 | 高卒で大学数学TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。